デトックスをしよう。40代以上の方必見

腸内環境の悪化は肝臓の活動を弱めるので、毒素の解毒は

もちろん、日々の代謝機能も低下し、体内環境をさらに悪化

させてしまいます。

 

こうした悪循環を断ち切るためには溜まってしまった毒素を

排出するための人為的努力「デトックス」が必要となります。

 

 

デットクス2つの方法

 

1.食べてデトックス

一度体内に入ってしまうとなかなか排泄されない「有害ミネラル」

の排出には有害ミネラルを挟み込んで体外へと出してくれる

「キレート成分」を豊富に含む食品をとると効果的です。

 

ミネラルの中の水銀や鉛、カドミウム、ヒ素などが有害ミネラルで

これらは水道水、排気ガス、タバコの煙、食品添加物、汚染された

海でとれた魚など様々なものに含まれ、体内へと侵入します。

 

キレート成分はそうした分解できない有害ミネラルをカニの爪の

ようにガッチリ挟んで体外へ出してくれます。タマネギ、ニンニク、

ニラ、ショウガ、玄米、ブロッコリー、アスパラガスにはキレート

成分が豊富に含まれています。

 

また有害物質と結合し無毒化する働きを持つ、セレンや亜鉛を含んだ

食品もお勧めです。高野豆腐、ゆば、ゴマ、緑黄色野菜、イワシ

イカ、アサリ、ホタテ、ナッツ類、納豆等です。

 

もう一つ毎食忘れずに摂ってもらいたいのが食物繊維を含む食品です。

これは消化されずにそのまま便として排泄されるのですが、その際

そのネットのような構造が腸壁にこびりついた老廃物や毒素をからめ

とってくれるのです。

 

食物繊維が豊富な食べ物は玄米、ゴボウ、こんにゃく、昆布、ひじき、

わかめ、アボカド、大豆、納豆、枝豆レンコンなどです。

 

2.便でデトックス

健康な人の場合、食べたものが消化・吸収され、最後に「便」として

排泄されるまでにかかる時間は約24時間です。ところが現代人には

排泄までに2日以上かかるような「便秘」の人がたくさんいます。

 

腸に便をため込むことは体にとっても悪いことです。

なぜなら便秘をするということは食べ物のカスや老廃物、そして

有害ミネラルなどの毒素を長期間体内にとどめることだからです。

 

私たちの腸内は真夏の気温より高い36.5度。そんな中にカスや老廃物

が長時間とどまるのですから当然「腐敗」が進みます。

 

腐敗便から生み出された有毒ガスをはじめとする毒素、それに体内に

とどまっている有害ミネラルは大腸で水分が吸収される際に、

再び体内へ取り込まれるのです。

 

こうした便秘や停滞便による体内環境の汚染を防ぐ方法として、通常は

薬品を使います。

 

しかしこれだと薬害の心配があると同時に、薬で刺激してしまうと、

その刺激をどんどん強くしていかないと反応しなくなるという性質が

あります。便秘薬をお使いの方はよくご存じだと思います。

 

やはりもっともよいのは食物繊維の豊富な食べ物をとり、水分を十分に

とる。お腹をマッサージしたり、腹筋を鍛えて腸を刺激することが

大切です。

 

それでも便通が整わない場合、「コーヒー・エネマ(コーヒー浣腸)」

といって、コーヒーの入った水で腸を洗うことをお勧めします。

 

「コーヒー・エネマ」は40代以上の方に特におすすめする体に無理なく、

優しく停滞便も宿便も掃除してくれる簡単なデトックス法なのです。

 

 

 

 

 

プロフィール

●画像タイトル


ビタミン太郎

ブログランキング


応援感謝しますにほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!

カテゴリ一覧

リンク集

サイト内検索

<スポンサーリンク>




人気記事

最近の投稿

最近のコメント

カテゴリー

ページの先頭へ