40代以上の方へ悩み解消、あなたに役立つ健康法とは

目も眩むほどの健康情報の中で40代以上の方が本当に自分の役に立つものを手に入れるお手伝いをします。なぜ効果があるのか。同じような種類の中で本物はどれなのか。を示し、あなたが正しい選択をできるように手助けしていきます。

筋肉を鍛えて「冷え性」を改善する健康法

多くの女性が苦しんでいる「冷え性」は低体温とは少し違います。

低体温は体温そのものが36℃以下に低くなっている状態をいいます。

 

これに対して冷え性というのは身体の中心部の体温はそれほど低く

ないのに、手先や足先といった身体の末端の血行が悪く、異様なほど

冷たくなってしまうという病態のことです。

 

低体温は実際には男女の区別なく起こりますが、冷え性で苦しむのは

ほとんどが女性です。

 

 

ではなぜ女性ばかりが冷え性になるのか。

原因はいくつか考えられますが、その中でも大きな要因となっているのは

低血圧と運動不足です。

 

まず血圧が低いと、身体のすみずみまで血液を行き渡らせることができ

なくなるので、どうしても末端の血行が悪くなります。

 

また、女性はただでさえ筋肉量が男性より少ないので、運動が不足すると

筋肉の絶対量が足りなくなり、末端から血液を身体の中心部へ送り返す

力が弱くなってしまうのです。

続きを読む…

内臓脂肪を落とす効果的なダイエット法

内臓脂肪はたんにスタイルを悪くするだけのものではありません。

アディポサイトカインという、身体にさまざまな悪影響を及ぼす悪玉

ホルモンをつくりだすのです。

 

そんなの内臓脂肪を落とすには脂肪を消費する有酸素運動を定期的に

継続して行うことが必要です。しかし、有酸素運動だけではなかなか

結果が出ないと感じている人が多いのも事実だと思います。

 

 

私たちが1日に消費しているエネルギーの約70%は基礎代謝です。

ということは運動で消費されるのは多く見積もっても全体の30%だと

いうことです。じつはここに、運動だけではなかなかやせない理由が

あるのです。

 

運動によって消費されるエネルギーは30分間のウォーキングをした

場合、約140キロカロリーです。しかも、この140キロカロリーが

すべて脂肪の燃焼につながるわけではありません。

続きを読む…

食事制限ダイエットは筋肉を減らしてしまうのでダメ!

筋肉を増やす最大のメリットは基礎代謝が上がることにより、食べても

太らない身体になることです。

 

ダイエットの正しい知識として、まず知っていてほしいのは食事制限ダイ

エットはよほど頑張らないかぎり内臓脂肪は減らないということです。

 

 

食事制限ダイエットは真っ先に減るのはじつは脂肪ではなく、筋肉と水分

なのです。ですから、食事制限をして1~2キロやせたからといって喜ん

ではいけません。それは脂肪ではなく、筋肉と水分が減っているのです。

 

もちろんダイエットをする場合、ある程度のカロリー制限は必要です。

でもそれはあくまでも過剰なカロリー摂取を控えることが必要なので

あって、最低限必要な栄養素とカロリーは摂取しなければなりません。

 

そうしないと、脂肪ではなく筋肉が落ちてしまうので、かえってやせ

にくい脂肪だらけの身体をつくることになってしまいます。

続きを読む…

筋肉量を増やして、体温を上げる健康法

体温を上げるもっともよい方法は基礎代謝を上げることです。

基礎代謝というのは何もせずにじっとしていても、身体が消費する

エネルギーのことです。

 

私たちの身体は生命を維持するだけでかなりのエネルギーを消費して

います。

 

成人が1日に必要とするエネルギー量は男性で2000~2200キロ

カロリー、女性で1800~2000キロカロリー程度といわれています

が、1日に必要とするエネルギー量の約60~70%はじつは基礎代謝

なのです。

 

つまり、私たちの身体はエネルギーの大半を基礎代謝として消費して

いるということです。

 

 

食べても太らない人というのはもともと食べても太らない体質なの

ではなく、「基礎代謝が大きい」という体質を後天的に獲得してきた

人なのです。基礎代謝が大きいと、何もしなくてもより多くのエネルギー

を消費するので、同じカロリーを摂取しても太りにくくなるという

ことです。

続きを読む…

「動脈硬化」が50代を過ぎると病気になりやすくなる本当の原因

低体温はあらゆる人にとってよくありません。なかでも、とくにリスク

が高くなるので気を付けてもらいたいのが、50代以上の人の低体温な

のです。

 

 

同じ低体温でも、20代では深刻な病気になる人はそれほど多くありま

せんが、50代になると病気を発症してしまう人が急増します。

 

脳の血流障害が原因で起こるパーキンソン病も、発症する人のほとんど

が50~60代です。パーキンソン病に限らず、多くの病気が50代を

境に発症率が急増します。

 

なぜ50代を過ぎると病気になりやすくなるのでしょう。

続きを読む…

体温上昇はたった1℃で免疫力を飛躍的にアップする健康法

体温が1℃上がると、免疫力は500~600%上昇します。

でも、体温上昇のメリットはそれだけではありません。

 

1℃体温上昇すると、身体の中の様々な場所で、劇的な変化が生じ

ます。まず、体温が上がると血行が良くなります。

 

血行が良くなるということは血液がスムーズに流れるということなので、

結果的に血流量が増えることになります。

 

 

血流量が増えると、身体を構成する細胞に充分な酸素と栄養が供給される

ので、同じ運動量でも筋肉の修復がスムーズに行われ、筋肉が増えやすく

なります。

 

さらに、筋肉の場合と同じ理由で骨も丈夫になります。つまり、体温が

1℃上がると、それだけで骨粗しょう症の予防になるということです。

続きを読む…

体温を1℃上げるにはどうすればいい?

体温を上げることのメリットは多々ありますが、では、どうすれば体温

を高くすることができるでしょうか。

 

そもそも、平熱が35℃台の人が体温を上げていくことができるのか。

そのように、疑問を持たれる方もたくさんいらっしゃることでしょう。

 

それはできます。体温を上げていくことは可能です。低体温の人でも、

体温を上げていくことで健康な人生を手に入れることができるのです。

 

体温をアップさせる方法は大きく分けて、2つあります。

1つは1日1回、体温を1℃上げる生活を送ることです。つまり、身体を

意図的に温めることを実践するのです。

 

 

例えば、朝起きてウォーキングをする、白湯を飲む、お風呂に入るなど

です。中でも毎晩のお風呂の習慣は重要です。湯船につかるという習慣は

外国ではあまり例を見ないのですが、体温を上げるという観点から見ると

これ以上有効な手段はないくらい、すばらしい習慣です。

続きを読む…

男性の更年期障害の見極め法と対処法

男性の更年期障害は女性のように劇的な身体的症状を伴わないため、

自分でも更年期障害になっていることに気付かないことがほとんどです。

 

また、女性には女性特有の病態を専門とする「婦人科」があるのに、

「男性科」がないことも男性の更年期障害を発見しにくくしてしまって

いる原因のひとつです。

 

 

では、どうすれば自分が更年期障害になっているかどうか、知ることが

できるのでしょう。

 

女性の場合、生理が遅れたり、早くなったり、周期が乱れることで、女性

ホルモンが低下してきていることを知ります。

 

実は男性にも、女性と同じように、性ホルモンの低下を教えてくれる指標

があるのです。それは「朝立ち」です

 

朝立ちというのは朝、目を覚ました時に起こっている勃起のことです。

あまり知られていないのですが、男性は寝ている間のかなりの時間帯に、

実は勃起しています。これを「夜間睡眠時勃起現象(NPT)」と

いいます。

 

NPTが起きている時間は若い時ほど長く、20代では全睡眠時間の約

半分、それが40代になると四分の一に、50代では五分の一程度まで

短縮されます。

続きを読む…

メタボが持つ本当の怖さ

厚生労働省の調査では40~74歳の男性の2人に1人が、女性では

5人に1人がメタボだという結果ですが、

実際には男性がメタボになるリスクは女性の4倍もあるといわれて

います。

 

 

メタボの原因は3つあります。

1つは「食べすぎ」、2つ目は「運動不足」、そして3つ目は男性

だけに当てはまるものなのですが、「男性の更年期障害(PADAM)」

なのです。

 

昔は更年期障害があるのは女性だけで、男性に更年期障害はないと考え

られてきました。しかし、男性でも更年期障害に苦しむ人が増えるに

従い、研究が進み、認知度も上がってきています。

 

女性の更年期障害が、女性ホルモンであるエストロゲンの低下によって

もたらされるように、男性の更年期障害は男性ホルモンである

テストステロンの低下によってもたらされます。

 

男性の更年期障害はうつ病に似た精神症状を主とします。そのため、男性

のうつ病患者の中にはかなりの数の男性更年期障害が含まれていると

いわれています。

続きを読む…

微熱で鎮痛解熱剤を使うことは身体に悪い

身体を温めることは風邪に限らずどんなときにも実行してほしい健康法

です。とくに体調がすぐれないときは身体を温めることが大切です。

 

 

ところが、多くの人はこれと対極のことをしてしまっています。

その代表が「風邪薬」です。

 

風邪気味ぐらいで薬を飲むのはかえって身体によくないので絶対に

やめるべきでしょう。

続きを読む…

 

プロフィール

●画像タイトル


ビタミン太郎

ブログランキング


応援感謝しますにほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!

カテゴリ一覧

リンク集

サイト内検索

<スポンサーリンク>




人気記事

最近の投稿

最近のコメント

カテゴリー

ページの先頭へ