40代以上の方へ悩み解消、あなたに役立つ健康法とは

目も眩むほどの健康情報の中で40代以上の方が本当に自分の役に立つものを手に入れるお手伝いをします。なぜ効果があるのか。同じような種類の中で本物はどれなのか。を示し、あなたが正しい選択をできるように手助けしていきます。

なるほど納得、ボケない食事と生活術

人間の脳細胞は「20歳を過ぎると毎日10万個ずつ死滅する」と

言われているので、年齢とともに物忘れを始め、ボケの症状が始まる

のはむしろ当然のことだと言えます。

 

ただ、同じボケでも単なる老化によるものと、年齢よりずっと早くくる

ボケ(痴呆)=若年性痴呆は区別されます。

 

 

若年性痴呆というのは40~50歳台の働き盛りの人に起こるボケで、

脳血管障害(脳卒中や脳動脈硬化症)や、原因不明とされている

アルツハイマー病で起こってきます。

 

脳血管症痴呆は強度のストレスをはじめ高血圧や糖尿病、脳卒中後に

起こるもので、脳の血流が悪くなったり、脳動脈がつまったりする

ために、脳細胞の働きが低下して起こります。

 

アルツハイマー病はこれといった病気はないのに突然発症し、徐々に

悪化してボケに至るというのがその特徴です。

 

脳神経細胞の周辺にアミロイドという異常タンパクが沈着して、神経

細胞が破壊されている様子が、アルツハイマー病では確認されています。

 

最近、大阪大学医学部の研究陣が、脳血流をはかる実験を実施した

ところ、「脳内で記憶を受けつもつ海馬とその周辺の血流不足が、アルツ

ハイマー病患者には見られる」ことがわかったといいます。

 

一般的なボケの症状を列挙すると次のようになります。

 

・人の名前がなかなか出てこない

・ものをよく置き忘れる

・待ち合わせや会議の時間や日にちを忘れる

・常用薬を飲み忘れる

・計算間違いをしやすくなる

・何かするのが面倒になる

・服装にかまわなくなる

・涙もろくなったり、怒りぽくなったりする

 

 

アルツハイマー病の場合、体験した出来事そのものを忘れるという特徴が

あります。その他うつ状態や無気力、不安などの種々の精神症状が出現

することも多くあります。

 

日本には「ボケ」ている人(痴呆症)が150万人くらいいると言われて

いますが、その半分はアルツハイマー病です。

 

ボケるとやる気も失せ精神も不安定になります。精神安定化作用をする

脳内セロトニンを増やすにはその原料となる必須アミノ酸のトリプト

ファンをしっかりと摂る必要があります。

 

トリプトファンは大豆や魚介類、胚芽にたくさん含まれています。

またトリプトファンが脳内に取り込まれるにはブドウ糖が必要なので、

ハチミツや黒砂糖もしっかりと摂ってください。

 

大豆に含まれるポリフェノール一種のイソフラボンは女性ホルモンの

エストロゲンと同様の働きをし、脳の働きを活性化することがわかって

きました。1日50㎎のイソフラボンの摂取(豆腐半丁、納豆1パック)

で十分効果があると言われます。

 

運動不足や日光不足でもセロトニンの分泌は低下するので、毎日30分

以上のアウトドアライフは心掛けてください。

 

「読み」「書き」「計算」は脳細胞の活性化をしてくれるので、毎日

「新聞を読む」「日記をつける」「家計簿をつける」などの習慣づけ

も大切なことなのです。

 

ボケになりにくい睡眠時間というのもあります。

7時間半から8時間といわれていて、それより、短すぎても長すぎても

ボケは発症しやすくなります。

現代病である「うつ病」になってしまったらどうする

「心のかぜ」ともいわれる「うつ病」の生涯有病率は10%を超える

と言われているので、ありふれた病気ともいえます。

 

その年齢のピークは20~30歳台、45~55歳とされています。

 

 

うつ病になると、免疫力が低下し、老化が促進されます。またガン

をはじめ種々の病気の引き金になってしまいます。

 

さらに以下のような妄想観念に追い詰められて悪化すると自殺を

企てることも多くなります。

 

・心気妄想  ガンなどの重篤な病気にかかっているのではないか

という妄想

 

・貧困妄想  経済的に貧困に陥ってしまったという妄想

 

・罪業妄想  罪深いことをしてしまったという妄想

 

うつ病の具体的な症状を列挙すると、次のような症状になります。

内科で検査をしても異常なし、と言われたらうつ病が疑われます。

続きを読む…

動脈硬化、高血圧、血栓、結石が起こる驚きの原因

血液の汚れを浄化するために身体の自然治癒力が起こす、発疹や炎症を

薬剤で抑えた人や、発疹や炎症を起こす体力のない高齢者や虚弱者

などの血液内では老廃物を血管の内側に沈着させて、血液の中だけは

サラサラに保とうとするメカニズムが働きます。

 

これが、動脈硬化なのです。

 

 

動脈硬化の原因物質はコレステロールや脂肪とされていますが、その他

にも、尿酸をはじめ種々の老廃物、余剰物が動脈の内側に沈着して動脈

硬化が起こるのです。

 

血液は浄化されても、動脈硬化で細くなった血管内にスムーズに血液を

流すためには心臓は力を入れる必要があります。

それが、高血圧なのです。

 

 

西洋医学の問題は根本理由については思いを致さずに、心臓の力を弱

める薬や血管拡張剤を用いて、血圧を下げようとすることです。

 

その結果、一時的には脳卒中や心筋梗塞、高血圧性の脳症や腎症を

防げたとしても、生活習慣を変えない限り、また、血液は汚れます。

 

ある一定以上には血管は細くなれないので、今度は血液の汚れを固めて

血栓を作るか、出血して汚れを体外に出そうとするのです。

 

鼻血にしても、歯茎の出血、胃潰瘍の出血、脳出血にしても、すべての

出血は血液の汚れの結果の病気を治そうとしている反応だと考えられる

のです。

 

胆石は食生活の西洋化とともにピリルビン結石が減りコレステロール

結石が増えています。もともと胆石は胆汁の成分が濃すぎるために、

石という固まりを作って胆汁の流れをサラサラにしようとしている反応

なのです。

 

 

肝細胞で作られる胆汁の原料は血液なので、血液中のコレステロールが

多くなると、コレステロール系胆石ができやすくなってきます。

つまり、胆石の原因もまた、血液の汚れによるものなのです。

発疹が意味するものを「東洋医学」的に解明すると

 

東洋医学において、皮膚病は「血液の汚れが、皮膚を通して排泄され

ている様子であり、血液の浄化反応である」と考えられています。

 

ですから、皮膚病は食べ過ぎや飲みすぎの傾向のある人に起こりやす

く、風邪薬で有名な葛根湯で見事に治ってしまうことがあるのです。

 

葛根湯は身体を温め、発汗を促して、血液中の老廃物を排泄する薬

であるからです。

 

西洋医学では皮膚に起きた発疹をジンマシン、湿疹、アトピー、乾癬

などに区別して、その発疹の反応を止めるステロイド剤や抗ヒスタ

ミン剤で治療します。

 

しかし、発疹の原因は血液中の老廃物と余分な水分なので、一時的に

発疹の反応を止めたとしても、また、場所を変えて出現してくるので、

非常に治りにくいものです。

 

発疹の出る反応を薬剤で止めるということは考えてみれば、大、小便

の排泄を物理的に止めることと同じになるのです。

 

「血液の汚れ」を発疹で出そうとする反応をステロイド剤や抗ヒスタ

ミン剤などの薬剤で抑えた場合、または発疹で老廃物を出すほどの

体力のない老人や虚弱者の場合、外からばい菌が侵入してきて、体内

で肺炎、気管支炎、胆嚢炎、膀胱炎、皮膚炎などの炎症を起こし、

老廃物を燃焼、焼却しようとします。

 

 

炎症の原因はばい菌、ウイルス、真菌などで、西洋医学はこうした

病原菌を殺す抗生物質を治療に使います。また、血液中の老廃物、

有毒物が燃焼されている様子が発熱なのですが、解熱剤を使って

熱を下げようとします。こうした治療法は逆療法なのです。

 

桂枝、芍薬、麻黄、カッコンなどで身体を温めて発汗を促し、

汗とともに老廃物を捨てる作用のある成分からなる葛根湯が、漢方

ではこうした炎症疾患に用いられて、非常に効果を表すのです。

 

血液が汚れた状態が長く続くと白血球どうなるか

血液中にたまり、万病のもとになる老廃物を日ごろは目やに、鼻くそ

便、尿、汗、生理などで排出し、血液を浄化して病気を未然に防ぐと

いう自然のメカニズムが身体には存在しています。

 

また「免疫力の主役」として登場する白血球は病原菌の貪食、殺菌や

がん細胞の殺傷をすると「免疫の本」などでは紹介されますが、白血

の本来の働きは体内の老廃物の貪食処理なのです。

 

つまり、血液の汚れを貪食して、血液を浄化するために存在するもの

だということです。

 

 

顕微鏡の下で動く白血球に、ばい菌やラテックス(ゴム)の細粒、

墨汁などを与えてみると、白血球はばい菌よりもラテックスや墨汁を

優先して貪食して、自分自身の体を真っ黒にしてしまうのです。

 

食べ過ぎ、運動不足、ストレス、冷えなどで、体内に老廃物がたまり

すぎる状態が長く続くと、白血球はばい菌や細菌よりも優先して老廃

物の貪食を続けます。それは免疫力の低下につながり、病気を誘発す

ることになります。

 

また、目やに、鼻くそ、便、尿、汗などの老廃物の排泄や、白血球の

老廃物の貪食処理でも間に合わないほどになると、老廃物の排泄、

処理反応(症状)自体を「病気」とみなして、その症状を「抑え込

む」治療を西洋医学ではすることになるのです。

 

 

この30年間で、医師が13万人から27万人に増加し、医療費も31兆円

も使い、医学そのものも発達したにもかかわらず、病気が減らない

理由はこのこともまさに、大きな要因になっているのです。

血圧が高めの人必見、血圧が上昇する意味

血圧が高くなると、脳卒中を始め、種々の合併症をおこしやすくなる

ということで、高血圧症にはすぐに降圧剤が処方されます。

ただこれには問題もあります。

 

 

ご存知のように血圧は血液を全身の細胞に送るために、心臓が収縮する

ときの圧力です。寒冷、ストレス、疲れ、動脈硬化などで局所の血管

が縮み、血流が悪くなると、心臓はいつもと同量の血液を全身に送る

ために押し出す力を強めるのです。

 

なぜなら、血液中のたんぱく質、脂肪、糖分、ビタミン、ミネラル

などの食物から摂り入れた栄養素や水分、体内の内分泌器官で産生

された種々のホルモン、肺から吸収された酸素などを体内の60兆個の

細胞が生きていく上に必要十分な「栄養」を運ぶ必要があるからです。

 

人間の病気は血行の悪いところ(冷たいところ)に起こりやすく、

温めて血行を良くすれば、治っていくのです。

 

胃炎や胃潰瘍の人の上腹部は冷たくなっているし、肝臓病の人は右上

腹部が、子宮筋腫や卵巣嚢腫などの婦人病の人は下腹部が冷たく

なります。

 

ですから、腹巻や使い捨てカイロ、生姜湿布などで、患部の位置する

ところを温めると、それらの症状が改善されることが多いのです。

 

つまり、血圧の上昇が起きるということは病気になっているところが

身体のどこかにあり、その患部に豊富な血液を送って病気を治そう

という身体のシステムが働いているということなのです。

 

 

降圧剤を長く服用すると、無理に血圧を下げてかえって血流を悪く

して、その副作用に見舞われるということが多く起こることの原因は

以上のことによるのです。

 

ただし、高血圧が脳出血やくも膜下出血などの脳血管障害を起こし

やすくなるのも事実です。

 

どの程度の血圧だったら降圧剤を服用すべきか、または、服用する

必要がないかについて、自分で独自に判断することは絶対に避けて

ください。

 

肩こり、冷え性そして物忘れにも効果を発揮。イチョウ葉エキス

とくに女性の方が、つらくて困っている。また、心配な症状に、「冷え

性がひどくて辛い」「肩こりひどくてしょうがない」「最近物忘れが

激しい」があります。

 

冷え性肩こりはどんな形でも体を動かして、お風呂でしっかりと

体を温めることがまず大事。

 

 

物忘れは老人性痴呆症を心配してのことだと思いますが、これは食事を

バランス良くすることが一番です。まずこの基本を押さえてください。

 

 

3つの症状に有効だと言われている共通のサプリメントを紹介します。

 

それはイチョウ葉エキスです

イチョウ葉エキスは、イチョウの葉を乾燥させて成分を抽出したもので、

血行促進や痴呆の予防改善効果があるハーブとして知られています。

 

ドイツやフランなどでは血流循環改善薬として認められており、脳梗塞

などの脳血管障害、アルツハイマー病や脳血管性痴呆などの治療に医療

現場で利用されています。

 

アメリカでは薬として認められていませんが、脳によいサプリメントと

して利用されており人気があります。

 

イチョウ葉エキスの主成分はフラボノイドとギンコライド。

フラボノイドは毛細血管を保護して強化する働きをします。

 

ギンコライドは血栓をできにくくして、血液を流れやすくします。

 

毛細血管の血流を良くして、血管全体の血流を良くすることができれば、

冷え性肩こり物忘れも改善されることが期待できるんです。

 

また、高齢者の記憶力、集中力、思考力の低下の改善、不眠、目や耳の

衰えにも効果が認められています。

 

摂取量として私が、有効だと考える量は一日当たり

約100㎎でしょうか。

 

ただしお医者様から、血をさらさらにするお薬をすでに処方されて飲ん

でいらっしゃる方はイチョウ葉エキスを使うことはやめてくださいね。

東洋医学の「万病一元、血液の汚れから生ず」という考え

東洋医学では2000年も前から、「万病一元、血液の汚れから生ず

という考えがあります。

 

血液中の老廃物、有害物、有毒物が血液の汚れを作り、それが

病気の元になるという考え方です。

 

血液を汚す主な要因としては次のようなものが考えられます。

 

1 食べ過ぎや飲みすぎ

 

 

食べ過ぎ、飲みすぎをすると、血液中にコレステロール、中性脂肪

糖分、たんぱく質、水分などが増加し、その結果、肥満や脂肪肝が

起こり、GOT、GPTなど肝機能を表す数値が上昇してきたり、

多血症の傾向にもなります。

また、肥満は種々の内分泌系の働きを狂わせるので、ホルモンの

バランスを崩す結果にもなります。

当然、食べ過ぎの結果、老廃物も多くなります。

現代日本人の生活パターンを考えると、夜遅くまで、飲食をして

いることが多く、朝は食欲がないことが多くあります。本能が

「食欲がない」つまり「食べても消化する力がない」というサイン

を出しているのに、「朝食をしっかり食べないと健康に悪い」など

という説に呪縛されて、無理して食べている人も多いようです。

そうして、高体重、高脂血症、高血糖、高尿酸血症、高塩分血症

など、「高」がつく病気に悩むことになるのです。

 

2 運動不足

 

 

人間の体重の半分は筋肉で、体温の40%以上が筋肉で産生されて

いますから、運動が不足すれば体温は下がってしまいます。

昭和35年以降、急速な経済発展をした日本では家電製品の普及

交通機関の発達で筋肉労働や歩行が激減して、いつの間にか極度の

運動不足に陥ってしまいました。

運動不足が、日本人の低体温化の大きな要因の1つで、体温が低下

すると、コレステロール、中性脂肪、糖の燃焼が充分にできなく

なり、余剰物となって高脂血症、高血糖を招き、尿酸をはじめ、

種々の老廃物の燃焼、排泄も悪くなり、血液が汚れてしまうのです。

 

3 ストレス

 

 

身体にストレスが加わると、まず交感神経と副腎髄質が活動して、

血糖値、血圧が上昇する。同時に脳下垂体前葉の副腎皮質刺激

ホルモンの分泌が増加し、副腎皮質ホルモンの分泌が促される。

この状態が長期間持続すると、各種の病気が発生する。

ストレスが生じると、血液中にコレステロール、中性脂肪、糖

赤血球が増加し「血液が汚れる」ことがわかっています。また、

白血球の中のリンパ球がコーチゾールにより溶解し、免疫力が

低下してしまうことも明らかにされているのです。

 

4 冷え

 

 

「冷え性」という病名は西洋医学には存在しません。したがって

「手足が冷える」とか「冷えて体調が悪い」と訴えても、西洋

医学では取り合ってもらえないことが多いのです。

体温が平熱より1℃下がると免疫力が30%以上低下し、逆に、

平熱より1℃上昇すると、免疫力が5~6倍になるという研究報告

があります。

身体を温めると、免疫力が上がり、病気を治す力が促されます。

しかし、身体が冷えてしまうと、体内にコレステロール、中世脂肪

糖などの余剰物、尿酸、乳酸、ピルビン酸はじめ、種々の物質が

燃え残り、血液を汚すことになって、病気が発生してくることに

なってしまうのです。

 

 

食塩を摂ると病気が減るという衝撃的データ

 

世界的に権威のある英国の医学誌「ランセット」(1998年)に、

「塩分=悪」という図式がインプットされているわれわれ日本人に

とっては衝撃的な、まさに画期的な論文が掲載されました。

 

米国の国民栄養調査が25歳から75歳までの20万7729人を対象に

行われ、その結果がこれまでの常識とは正反対のものだったのです。

 

食塩の1日平均摂取量を男女に分けて少ない方から多い方に4つの

グループに分けたうえで、あらゆる病気の死亡率が比較しました。

 

1日平均食塩摂取量(g)

区分        男       女

Ⅰ         2.64      1.70

Ⅱ         4.65      3.13

Ⅲ         6.72      4.55

Ⅳ         11.52     7.89

 

すると意外な結果が出たのです。

食塩摂取量の一番多いグループの死亡率が一番低く、食塩摂取量が

少なくなるほど死亡率が高くなったのです。

 

高血圧や脳卒中、心筋梗塞という循環器疾患の死亡率も食塩摂取量の

少ないグループほど高かったといいます。

 

調査の対象になった人数が20万人以上だったということで、信憑性

は高いものだったと考えられます。

 

この論文を書いたM・H・アルダーマン博士は「世界の先進国で一番

食塩摂取量のの多い日本人が、世界最長寿であることを思い起こして

ください」とおっしゃっているのです。

 

実は、「塩」は健康上、一番大切な物質です。

その効能を科学的に説明すると次のようになります。

 

1 体液の浸透圧を一定に保ち、水分の代謝や体液(血液やリンパ液)

のpH(酸-塩基平衡)を維持する

 

2 神経の興奮の伝達に関与する

 

3 筋肉の収縮作用に必須である

 

4 胃液、腸液、胆汁など消化液の原料となる

 

5 体内の有害物質を解毒する

 

6 新陳代謝を促して、体温を上げる

 

 


応援感謝します

塩分が高血圧、脳卒中の最大の元凶となった理由

1950年代に、日本に調査研究に来た米国の学者L・K・ダール博士は

「1日13~14gの食塩摂取をする南日本の人々の高血圧の発症率が

約20%、27~28gと焼く2倍もの食塩摂取をする秋田や青森などの

東北地方の人々の発症率が約40%」という調査結果を得て、「塩分

こそ、高血圧や脳卒中元凶である」という論文を1960年に発表

しました。

 

 

それによって、1960年ごろから秋田県を中心に減塩運動が始まって、

全国に普及し、高血圧と脳卒中が減少していったことから、医学者

や栄養学者たちは「塩分こそ、高血圧や脳卒中元凶である」と

いう確信を持つにいたることになったのです。

 

しかし、よく考えてみれば、東北地方の人々は何も高血圧や脳卒中

になりたくて、塩分を多くとっていたわけではなく、当時まだ

暖房施設が充分ではなかった厳寒の冬を乗り切るための塩分摂取

だったわけです。なぜなら、塩分には身体を温める効果があるから

です。

 

仮にもし、当時充分な塩分を東北地方の人達が摂っていなかったら

高血圧や脳卒中にかかるすっと以前に、風邪や肺炎、リウマチ、

うつ病、ガンなどの「冷え」による病気で、若くして人々は

死に絶えていたかもしれないのです。

 

ダール博士は東北は「寒冷であるために血管が収縮して、血圧が

上昇する」「寒い冬は戸外での労働や運動が不足し、運動不足で

血圧が上昇する」ということを考慮に入れなかったのかも

しれません。

 

こうした理由による減塩運動の結果、東北地方の人達の高血圧と

脳卒中が減少したかに見える点については次のように考えることが

出来ると思います。

 

昭和35(1960)年を境に、高度経済成長が始まり、暖房設備も

普及し、厳寒の冬でも、東北地方の人々は寒さや運動不足から

免れるようになったので、高血圧や脳卒中が減少したのだと考え

られます。

 

 

プロフィール

●画像タイトル


ビタミン太郎

ブログランキング


応援感謝しますにほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!

カテゴリ一覧

リンク集

サイト内検索

<スポンサーリンク>




人気記事

最近の投稿

最近のコメント

カテゴリー

ページの先頭へ